ヘモグロビンa1cの正体|現代病に要注意

ウーマン

上手にコントロールする

血液

まずは手軽な方法から

健康診断などで「ヘモグロビンa1c」という項目が設定されるケースは年々上昇しており、これまで行われてきた血糖値の検査よりもより食事の影響を受けていない結果を知る事が出来るようになっています。血糖値は間近の食事の影響を強く受けるため、空腹時に採血したのか、食後すぐに採血したのかによって、同じ人でも結果は大きく変わってくる検査項目です。これと比べ、ヘモグロビンa1cは糖が結合した赤血球中のヘモグロビンの量を測定している数値であり、1〜2か月前の血糖値を反映しているため、より信頼性の高い血糖値を推測できるようになっています。ヘモグロビンa1cを測定する意義は、糖尿病の診断のためであり、定期的に管理していく事が望まれています。生活習慣病の代表格である糖尿病は、普段の食生活や運動の影響を強く受けるため、罹患しているにもかかわらず治療もせず生活も変えなければ、恐ろしい合併症のリスクが高くなってしまいます。糖尿病の合併症は命にかかわるものであるため、ヘモグロビンa1cのコントロールが大切なのです。そんなヘモグロビンa1cを下げる効果が期待できるサプリメントが近年数多く販売されており、なかなか難しい食事制限の助けに有用なアイテムとなっています。大切なのは続けることであるため、手軽であるというのはとても価値のある事で、普段の生活に無理なく取り入れていくことが出来るのです。何より大切な自分の体なので、健康なうちから気を付けてコントロールしていきたいところです。